簿記

オンスクで簿記3級対策!良質な講義を楽しく安価に!

最近はICT技術やノウハウの蓄積により,スマホでも十分な勉強ができるようになりました。

スケジュール管理に留まらず,英会話やTOEIC対策,受験勉強から資格取得まで,スマホ1つあれば十分な対策が可能です。

電車で近くに座っている年配の方がゲームに熱中している一方で,大学生くらいの年の子が熱心に資格対策をスマホでやっている。

そんな光景も頻繁に目にするようになりました。

若い子の方がスマホを勉強に利用することが多いのかもしれません。

さて今回ですが,スマホを使って簿記3級対策ができる「オンスク」について紹介します。

まずは本サービスの特徴を述べ,続けて使い方についてレビューしてみましょう!

オンスクの日商簿記講座の特徴

オンスクはその名の通り,オンラインスクールが持つべき特徴をしっかり備えています。

公式サイト

ここでは講義と効率,そして値段の3つに注目してみました。

十分な講義量

オンスクの講義ですが,大手資格学校のノウハウが詰まった効率的な学習ができるところに特徴があります。

大手資格学校とは具体的に言えば「資格の学校TAC」のことなのですが,すぐに例の赤い企業ロゴを思い出す方もいらっしゃるでしょう。

私もよくティッシュをもらったりもしましたが,講義を担当するのはTACで簿記検定講座を担当する織田香里講師です。

ベテラン講師に位置づけられる彼女の講義が,オンスクでは全部で43回分も用意されており,簿記3級に合格できる力を十分につけてもらえることでしょう。

短時間でどこでも学習可能

そんな魅力的な講義であっても時間がかかってしまうようでは元も子もありませんが,オンスクの簿記3級の講義を視聴するのにかかる時間は約10時間となっています。

自分で独学することにも確かに他に代えられない価値がありますが,まずは誰かにパッと説明してもらうことで,すっと内容が掴めるので,その後の学習がより進めやすくなるのは確かです。

特に試験まで時間がない場合や,楽して簿記資格を取得したい方には是非後者の方法をおすすめしたいと思います。

また,スマホを使って動画を観たり仕訳の練習ができるので,場所や時間を問わずに学習できるところは大きなメリットです。

その他にも,再生速度を変えられたり,正答率や学習の進度を視覚化できたり,間違えた問題だけ復習するようなオンラインならではの特徴も備えています。

圧倒的安さ

オンスクにはいくつかプランがありますが,日商簿記3級の場合は,Web版の「ウケホーダイ ライト」もしくは「ウケホーダイ スタンダード」のどちらかで良いでしょう。

この2つのプランの違いですが,以下のようになっています↓↓

オンスクのウケホーダイの違い

特に留意すべき違いをまとめておきますと,

  1. ライトは月額980円,スタンダードは1,480円
  2. スタンダードでは講義音声やスライドまでをダウンロード可
  3. スタンダードでは復習機能が充実している

の3点です。

特にスマホのみで学習を進めようと思った場合,Wi-fiやパケ放題などを使っていなければデータ量などの関係で,スタンダードの方が使い勝手が良いように思われます。

もちろんデータ量を気にせずスマホを使えるようであればライトでも構いません。

もっとも,スタンダードとの料金差は微々たるものですので,気になる方はスタンダードで申し込んでしまってOKです。

特に,上で上げた3つ目の「復習機能」において,仕訳問題や実力テストが受けられるので,数百円分の元はすぐに取れます。

それに,変なことが理由となって簿記3級に落ちてしまえば,2,800円の受験料が再度かかってしまうわけですし,簿記の学校に通えば万単位のお金がかかるわけですから,500円なんて安いものです。

 

オンスクの使い方

オンスクの無料体験で可能なこと

Googleアカウントなどを持っている方であればすぐに申し込めますし,上記画像で示すような無料体験も可能です。

受講登録をすると,学習管理のほか,講義動画や問題演習が一覧で出てきます↓↓

オンスクの管理画面

まずはオリエンテーションや入門講義を観てみましょう!

2動画でわずか30分弱ですが,これらの動画を観るだけでも市販の簿記3級の参考書には載っていないことが学べてしまいますので,早速,「プロに説明してもらうって,こんなにも違うものなのか」と感動しました↓↓

オンスクの日商簿記3級オリエンテーション

また,実際の動画は,講義をただ録画したものではありません。

しっかりと編集され(人の手が加えられ)て,わかりやすくなるよう工夫されています↓↓

オンスクの実際の動画風景

もちろんテキストも存在し,以下のようにPDF形式でダウンロードも可能です↓↓

オンスクの日商簿記3級のテキスト

問題演習は,要点のみを確認できる初級レベルから,中級,上級までの3段階で計323問が用意されています。

初級の問題はこの程度ですが,B/SとP/Lの違いには始めにどれだけ頭を悩まされたことでしょう↓↓

オンスクの簿記講座の問題例

なお、オンスクには「Web版」と「アプリ版」がありますが、たとえスマホだけで使うとしても、機能の制限や使い勝手の面から前者をおすすめします。

「Web」という名前が付いていますが,スマホで動画を観たり学習することはもちろん可能ですのでご心配なく(現に上の講義動画の1つは,Web版のものをスマホで視聴した様子を載せたものです)。

 

まとめ

オンスクの講座一覧

以上,オンスクの日商簿記3級講座の紹介記事でした。

現時点で最もおすすめできるオンラインサービスの1つですので,これから日商簿記3級にチャレンジされる方は,賢く素早くそして安価に合格を手にしてください!

問題まで解くとかなりの時間がかかりますが,動画を観るだけなら10時間程度しかかからないわけですから,勉強期間としては1ヶ月もあれば十分です。

特に大学の新入生によくある話なのですが,よくわからないまま学費以外の別料金を大学に支払い,簿記の講座を取っている学生が世の中にはたくさんいますので,本当にそれだけのお金や時間をかける必要があるのかどうかについては,一度立ち止まって考えてみてください。

最後に「オンスク」の申し込みにあたっての注意点ですが,アプリ版とWeb版の両方に登録してしまい,2重課金されてしまう方が多いと聞きます。

以下にWeb版のリンクを載せておきますので,公式HPの方からしっかり申し込むようにしてくださいね↓↓

オンスクのHPはこちら

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

簿記3級は履歴書にも書けますし,2級1級とステップアップしていく際の足掛かりにもなる立派な資格です。

是非合格することを祈っています!

-簿記

© 2020 アプリでMARCH