FP2級と3級に合格するまでの流れ

当記事では,FPの試験に申し込んでから合格証明書が届くまでの一連の過程についてまとめています(級としては,3級から開始して2級を取るところまでになります)。

本番に向けて勉強することはもちろん大切ですが,それ以外に,どのような出来事があるのかを知っておくと,学習期間中のメンタル面に良い影響を及ぼすものです。

国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士に興味がある方は,是非お読みください!

FP試験の受検を申請する

FP試験の申し込みは試験日の約2ヶ月前になると開始されます↓

FP試験の日程と申し込み期間

会場によっては席が無くなってしまう可能性はありますが,申請期間が3週間あるので余裕を持って申し込めるでしょう。

なお,私は個人で受けることもあって,実技試験が個人の資産相談業務となる「きんざい」に申し込もうと思っていたのですが,当時は検定料にかなりの差があったため「FP協会」の方にしました。

なお,2022年の9月試験からは受検手数料が改正され,差はなくなりました。

後者の模擬試験は資産設計提案業務ということで,やや仕事寄りといった印象ですが,そこまで試験内容に違いはないので,特にこだわりがなければ試験会場として都合が良いところが利用できる方で選んでもよいかもしれません。

ここまでの内容をまとめますと,FP検定には日本FP協会が行うものと金融財政事情研究会のものの2つがあり,学科試験は両者共通ですが,実技試験に若干の違いがあり,受検料は以下のようになります↓

3級 2級
学科+実技 8000円 11700円
学科のみ 4000円 5700円
実技のみ 4000円 6000円

これに数百円程度の手数料がかかるので注意してください。

実際の申請手順ですが,以下の通りです↓

FP検定試験の申込手順

まずは受検票や試験会場そして料金の説明を確認して,その内容に同意します。

申請内容の入力では個人情報の他,受検地の希望を決められますが,会場の数が少ないのでしょう,そこまで細かくは指定できませんでした(各都道府県に1~3つ程度でした)。

続けて支払方法を選択したら,早速支払い作業へと移りましょう。

なお,金融財政事情研究会で申し込む場合は,インターネット受検申請システムに登録し(ユーザー登録し)てから,受検地を決めて支払いに移るといった流れです。

 

 

FPの検定料を支払う

コンビニでの支払い風景

クレジットカードはVISAとMASTERのみが対応となっていて,JCBしか持っていなかった私はコンビニ払いを選択せざるを得ませんでした。

やはり,世界的なシェアが大きいVISAカードは1枚は持っておかないとダメですね(2級を受けるまでに作っておきました)。

コンビニ名の他,氏名と電話番号を入力しましたが,後者は支払いの際に入力を求められることもあるそうです(私は求められませんでした)。

前章の内容での申請が終わると,払込URLが載ったメールが届くので,それを印刷した払込票を持ってコンビニで支払います。

ちなみに,支払期限は受検申請期間の2日後となっていましたので,ギリギリに申し込んだ場合も,支払いは当日までではないのでご心配なく。

レジでバーコードを読み取ってもらったら,通常の買い物通り支払いを済ませるだけです。

レジの人から払込領収証を受け取って店を出たら,受信メールを開いてみてください。

私と同じように日本FP協会で申し込んだ方であれば,「受験手数料お支払い完了のお知らせ」という確認メールが届いているはずです。

その後(カード払いの場合はすぐで,コンビニ払いの場合は2週間ちょっと経った頃)になると,「受検申請が完了いたしました」という確認メールが届き,受験票は試験の3週間前あたりに発送となることや,万一10日前になっても届いていない場合は,試験業務部に連絡するようにと書かれていました。

きんざいの場合は,顔写真が必要(学科と実技ごとに1枚必要)とも書かれているはずです。

 

 

FPの受験票が届く

FPの受験票の外観

FPの受験票ですが,試験の約3週前あたりに発行され,それから数日して届きます。

以下に,受験票に書かれていた内容をまとめます↓

  • 受験情報
  • 領収証
  • 持ち物
  • 受検上の注意
  • 受検地の変更
  • 結果発表
  • 諸注意

受験情報についてもう少し説明を加えますが,試験日時や受験番号が記載されていた他,試験会場の地図も印刷されていました。

左がFP協会3級のもの,右がきんざいの2級用のものとなります↓

FP検定の受験票2種類

写真を貼る場所があったので一瞬驚きましたが,3級の場合,写真付き本人確認書類を当日持参すれば貼り付けの必要はありません

なお,写真サイズが4×3cmと3×2.4cmと,試験によって異なっていることにも注意してください。

ちなみに,試験は10時開始で,集合時間はその20分前に設定されていました。

30分前から入室可能となり,その10分後までに集合しなければならないとあって,なかなかにタイトなスケジュールです(もっとも,次章で述べるように,実際の進行はそれほど厳密ではありません)。

2回受けて思うのは,大体の人は早めに到着しています。

遅刻についてですが,試験開始から30分経ってしまうと入室ができなくなります。

集合時間後に到着した人も数人はいました。

逆に,途中退室する場合は試験が始まって60分経過後から終了10分前までということで,そもそもの試験時間が60分しかない3級の実技試験ではできません(2級の実技は90分あるので大丈夫です)。

学科試験と実技試験の間は1時間以上空いているので,少し散歩して軽い食事を取ったり,実技に備えて勉強するのもよいでしょう。

 

 

FP試験当日の様子

FPの問題冊子

私が3級と2級を受験したのは,2022年の5月と9月のことですが,当日の持ち物は,

受験票・筆記用具・計算機・本人確認書類(受験票に写真を貼る場合は不要)・腕時計・マスク財布・(ペットボトル)

でした。

赤字部分は受験票の持ち物欄に書かれていないので,盲点となりやすい部分です。

私は別の試験で財布を置いて家を出てしまったことが最近あったので,どうぞみなさまもお気を付けください。

また,ペットボトルは熱中症などの予防を目的に許可されていました。

中身が見えるようラベルは外すようにと書かれていましたが,実際はラベル付きのままの人がほとんどで,大きさも1リットルの人がいたり,中にはアルミボトルのコーヒーを置いている人もいたので,そこまで厳しく制限されてはいません(とはいえ,厳しい試験官に当たる場合もあります)。

なお,私の会場は高層階にあり,受験者も1000人とまではいかないですが,それでも数百人が一挙に押し寄せるということで,エレベーターはフル稼働しており,教室に向かう際には誘導員の指示に従うなどで,思った以上に時間がかかりました。

入室開始時間の前から建物内には多くが来ていて,現地で結構早くから待つことが可能でした。

加えて,朝は電車の遅延が発生したこともあって,予定していたよりも20分くらい早く出ることになったので,余裕を持って準備するようにしてください。

 

学科試験

席は指定制で,机には記入する紙が2枚ほど置いてありました。

1枚は当日の体調を調査する紙で,もう1枚は解答用紙となっており,受験番号や名前を記入します(解答用紙が後から配布になることもあります)↓

FP会場の机上の様子

結構ギリギリの試験時間まで勉強することができました。

なお,試験が開始して10分くらい経った時に体調チェックの紙は回収されますが,その際,受験票の名前や本人確認書類をチェックされます(マスクを外して顔を見せるなどはありませんでした)。

本人確認書類に写真を貼るべきなのに貼っていない人は,別の紙に記入するなどの手続きが別に必要です(試験開始前にも行うことができます)。

私が3級を受けたときには,近くの受験者が開始15分で「失格で構わないので退出して構いませんか」と試験管に告げて退出していったのが驚きでした。

問題自体は60問を120分で解くわけで,知っていればできますし,知らなければできないタイプの問題ですから,時間的に足りなくなることはありません。

実力通りの結果になります。

なお,3級の場合は,勘だったとしても前半の30問は2分の1の確率で正解でき,残りの30問は3分の1で正解できるわけですから,問題を見ずに解いても4割は正解できるテストです。

自信を持って解ける問題が少し増え,後半でも明らかに違うと思える選択肢を消すことができれば,正解率も高まります(例えば3問ある選択肢のうち,1つでも違うとわかれば,正解確率は2分の1になります)。

2級はすべて4択ですので,勘でも2割5分しか正解が期待できません。

なお,見直しでは,1つでも間違いが見つかれば良しです。

なお,3級は試験時間1時間前には多くの受検者が解答を終えていたようで,退出許可が下りると7割くらいが一斉に会場から姿を消し,残り30分ともなると,私を含め数人しか残っておらず,ついには最後の1人となってしまいさすがに気まずくなって退出しました(笑)

2級については最終的に3~4割が残っていたので,やはりそれだけ難しいのでしょう。

退出時はすべての荷物を持って,解答用紙を監督者に渡しに行きます。

教室を出たところには受検者がちらほら立って勉強などしていて,みんながみんな,わざわざ外に出て休憩するとはならないようです(廊下ではお静かに)。

私の会場の場合,昼休みの多くを試験を受けた教室を食事や休憩に使うことができたので,空調の効いた教室(または廊下部分)で実技試験までの時間を潰すことができてラッキーでした。

 

実技試験

学科と実技で教室が変わる場合もありますし,同じ席の場合もありますが,この実技試験だけを受けに来る人もいるので,学科試験とはまた別に仕切り直しというわけです。

ゆえに,先ほど述べた,体調を記載する紙やマークシートはまた別のものがセッティングされています。

3級は60分ですが問題数は20問となり,時間配分としては前半30分ちょっとで1周でき,50分までにさらに2回見直しが終わりました。

2級は90分となり,私の場合,毎回30分くらいは見直しできる時間が残ります。

3級の実技で特に注意したいのは,適切なものまたは不適切なもののどちらを選ぶのかということです。

最初は問題文を見ずに,丸かバツを問題用紙に記入していくと,必ず丸かバツが1個しかついていない選択肢が表れるわけですが,そこで初めて問題文を読み,1つとなった丸バツが問題文の適切・不適切と一致していることを確認することで,ケアレスミスをする確率が減ります↓

FPの問題冊子の様子

なお,問題冊子は学科試験・実技試験のもの共に持って帰ることができます。

後で自己採点する際に備え,自分の答えはすべて書き込んでおくようにしてください。

最後にですが,大人数の会場でコロナ対策などとなると,時差退出となり,試験終了から20分近く会場に拘束されることもあります。

FP試験後に予定が入っている方は,そういった可能性も考えておいてください。

 

 

FP試験の結果発表

FP協会のHPと模範解答

正式なものではありませんが,FP検定は試験を受けた当日に合否がわかってしまいます。

その日の17時30分以降になったら,日本FP協会またはきんざいのHPに行ってみましょう!

すると,上記画像のようなページが出てくるわけですが,そこから模範解答を確認することができます(問題は翌日の10時に掲載されます)。

合格点は6割と決まっていて,問題ごとの点数に違いもないので,学科では36/60点(1問1点)・実技では60/100点(3級は1問5点。ただし2級の配点は公表されません)に達しているかどうかを確認してみてください。

スタディングのFP3級を使った基礎固めスタディングFP2級講座の勉強法で語ったように,今回私は1つの教材だけで勉強してきましたが,どちらも8割以上取れていました。

この後,正式な合格発表日の1週間前にリマインダーのメールが届きます。

発表日になったら,そこに記載されていた協会HPにアクセスし,受検番号とカナ氏名,生年月日を入力して確認可能です↓

FP3級の合格発表ページ

上の画像では「完全合格」とありますが,この言葉は学科と実技試験両方とも合格であることを意味しており,「一部合格」というのはどちらか片方のみの合格を表します。

同日には,合格証書の方も発送されたとのことで,翌日になると型紙の入った大きめの封筒が自宅に届き,立派な合格証書の他,結果通知書が入っていました↓

FP3級の合格証書や結果通知書

中央に見えている結果通知書には,学科試験や実技試験の結果の他,前者においては得点の細かい内訳の記載があります。

この結果を受けて,数日後には受付を開始するFP2級に申し込んだり,AFPや1級といった上位資格をどうするか考えるというのが通常の流れです。

 

 

まとめ

試験を受けてきた新入社員

以上,FP試験について,受験の申請から合格までの様子をまとめてきましたが,いかがだったでしょうか。

FP試験の申請においては時期や支払いに注意し,支払いの様子から試験会場の様子,さらには合格発表まで,参考になれば幸いです。

受検者層としては女性が想像以上に多く,年代は若い人から年配の方までと,様々な方がFP試験を受けに来ていました。

試験時間には余裕があるため,実力通りの力が発揮できるという点では安心できますが,いくら多くがマーク式であるとはいっても,簡単なテストではありません。

また,3級が受からなければ2級を受けることはできないので,試験が年3回しかないことも踏まえて,長い目でみたスケジュールを立てる必要があります。

普段からちょっとずつ進めて,試験直前のときだけ長時間集中して復習し直すようにすると,効率良く得点することが可能です。

前半で結構頑張っても,直前期での復習を怠ってしまえば,一気に窮地に立たされてしまいます。

これから受検される方は,是非頑張ってください!

-ファイナンシャルプランナー