簿記

スタディングで簿記!まずはオリエンテーションを受けよう

お恥ずかしながら力が及ばず簿記の2級に不合格になってしまった私ですが,このたび一念発起し,「スタディング(Studying)」をというオンライン教材を使って合格を目指していくことにしました。

きっかけは電車の中で目にした広告だったのですが,なかなかにすべてが高い基準で揃っているように感じ,受講を決めた次第です。

今回はその初回ということで,簿記2級のオリエンテーションの講座から始めたいと思います。

スタディングのオリエンテーション講座について

スタディングの簿記講座開始時の様子

スタディングのオリエンテーションですが,3級と2級のものがあり,内容的にはどちらも簿記試験の概要と短期合格に必要なポイントの解説が行われます。

メインではなくあくまで導入目的の講座ですので,わずか1講義しか存在せず,量的には15分で終わる内容です。

とはいえ,この講座を受けてからメインの講座に入っていくのとそうでないのとでは,モチベーションや理解度の点で変わってくると思うので,是非観ておくようにしましょう!

このように合格した後の選択肢について知るだけでも「絶対に合格しよう!」と思うはずです↓↓

簿記2級取得後の進路

なお,私は2級に合格した後はファイナンシャルプランナーの試験を受けてみようと考えています。

さて,この講座ですが,簿記試験自体についての内容ももちろん学ぶことができ,試験日程や配点といった基本事項から,内容として抑えるべき論点(例えば簿記2級であれば,売上原価対立法や各種引当金,法人税や支店間取引など)などを簡単にまとめてくれています。

もっとも,私はすでに2級内容を一度学んだことがあるので多少用語に聞き覚えはあるものの,それでも前回の受験から1年以上何も勉強していないのでほぼすべて忘れてしまっていて,パッとは内容が浮かんでこないレベルからのスタートです↓↓

工業簿記で学ぶ内容

もし初めて2級を受ける方であれば,ここで何を言っているかさっぱりわからないかもしれません。

ですがそんなときは「なんだか難しそうな内容を学ぶんだなぁ。」程度で軽く聞き流してしまいましょう。

なんなら,すべての簿記講座を受講し終えてから,改めてこのオリエンテーションの動画を観返してみてください。

間違いなく,「あぁ,あれのことね。」などと自分の成長を実感できることと思います。

ちなみに私は,簿記2級の出題傾向についての説明を聞いた際に,当時の試験会場での記憶が蘇りました。

試験時間に余裕もないですし,難易度もバラツキがあって本当に嫌なテストです↓↓

簿記2級の第4問の問題傾向

オリエンテーション前半の最後では,目指すべき目標点が提示されました。

2級の場合ですが,商業と工業簿記で合わせて75点を目指す戦略です。

ご存知かもしれませんが,簿記2級の合格点は70点なのでこの点数では余裕で合格とはならないものの,逆に「90点を目指しましょう!」などと言われないところに好感が持てました。

それでも勉強時間にして100時間が必要なわけですから,本当に大変なテストです。

講師の竹原先生が前半の最後に放った「合否の鍵は仕訳ができるかです。」という一言が,激しく私の心を撃ったのは言うまでもありません(苦笑)。

なお,前回受けたきりの状態で,あのまま何回か簿記を受験していれば勝利の目もあったのでしょうが,「もともと退屈しのぎで始めたテストだし,惜しいところまでいったからよいか。」などと言い訳をして今に至る私です↓↓

当時は本当に祈る気持ちで本番を迎えたのですが,第1問を開いた途端,できなさそうだと思ってしまいました。

あれからだいぶ時間も経ち,また余裕のある生活が戻ってきたこともあってリトライすることを決めたわけですが,私にとってトラウマ級に難しい仕訳が,スタディングの学びを通して簡単にできるようになることを期待しながら,これから学んでいきたいと思います。

 

スタディングの簿記講座の勉強方法について

スタディングのオリエンテーションの受講画面

さて,オリエンテーションの後半は,スタディングを使った勉強法についての講義です。

「短期」合格が謳われているわけですから,一体どのくらいの勉強時間で終わるのか気になります。

変な話,100時間で合格できるのであれば,1日10時間で10日勉強すれば理論上受かる計算になりますが,そうした異様な勉強法がはたして通用するのでしょうか。

しかし,すべての教材が24時間どこでも利用可能なことがオンライン教育サービスの魅力です。

また,月額払いではなく買い切り型のスタディングですから,時間に制限がなくて良いところもあります。

現に私は,申し込んだときから2ヶ月経ってようやく受講することにしたわけです。

というのも,コロナ関連でずれ込んだ別の試験の勉強をしていたからなのですが,このような感じで,締め切りや何かで追い込まれない限り,人によっては頑張れないこともあるので,あくまで一例ですが,スタディングの簿記講座の対応期間ギリギリに試験を受けることにするなど,自分で締め切りを設けることをおすすめします。

上の画像を見ていただくと受講期間が出ていますが,私の場合ですと「2021年2月検定対応版」となっていますから,その時期の終わりに(といっても,もう2ヶ月しかありませんが)受験することにしました。

講義内容に戻りますが,スタディングの勉強方針としては,これまでに私が学んだきた一般的な勉強法と変わりません。

練習問題に慣れては理解し,それを自分一人の力でできるようになり,さらには時間内に問題を解けるようになるというものですが,そのために以下のような教材が揃っているところは特徴だと言えるでしょう↓↓

  • 講義
  • スマート問題集
  • 実戦力UPテスト
  • 検定対策模試

もちろん「これら教材の質が優れている。」との確信を持って私はスタディングに申し込んだわけですので,これからその恩恵を十二分に享受していきたいと思いますが,教材を作るにあたって,以下の点を重視したとのことです↓↓

  • 頻出事項の理解と反復練習が可能
  • 流れの理解に重きを置いている

これらについては,文字にしても実際に使ってみないことにはわからないと思うので,次回以降,注意しながらみていきたいと思います。

ちなみに最後まで,具体的にどのくらいで学び終わるかについては言及されませんでした

もちろん,スタディングの簿記講座に短期間で学べる工夫が施されていることはよくわかりましたが,実際その人が割ける勉強時間と,完璧にできるようになるまでの時間にはかなりの個人差があるということなのでしょう。

学生自体を思い返せば,同じ教科書で学んでいてもすぐに理解してできるようになる人と,かなり時間がかかるような人がいましたからね。

私は残念ながら要領が良いタイプの人間ではありませんので,これからの勉強記事はそういった方の参考になるかと思います。

 

まとめ

スタディングの簿記講座のオリエンテーションの受講にかかった時間は約40分

以上がスタディングの簿記講座で最初に観ることになる,オリエンテーションの講義レビューでした。

前半部分で簿記2級についての概要とテスト内容について学び,後半では勉強法を紹介されるという2部構成となります。

色々講義を巻き戻しながら考えごとをしていたら,結果的に40分近く観ることになってしまいましたが,これを機にいよいよ簿記2級のリベンジが始まると思うとちょっとワクワクしてきました。

もちろん,明日にでも早速内容でつまづいて悲しむことになるかもしれませんが,まずは一歩踏み出せたことが自分の中では大きかったように思います。

次回の記事では,簿記の知識を理解するための「講義動画」の使い勝手についてまとめてみることにしますので,興味のある方は引き続きお読みいただけたら幸いです。

最後までお読みいただき,ありがとうございました。

-簿記

© 2020 アプリでMARCH