スタディサプリ

スタディサプリのテキストの値段は?印刷した場合との比較

スタディサプリでは基本,講座の動画を視聴するときにテキストが必要となります。

とはいえ,すべての講座のテキストはPDF形式で簡単にダウンロードして印刷することが可能ですので,テキスト代が別途必要だというわけではありません。

印刷もせずに画面上で確認するだけにとどめれば完全に無料で済ますことができるでしょう。

とはいうものの,手を使って書き込む方が学習効率は高まりますので,多くの人が印刷することと思います。

ですが,講座によってはダウンロードすべきテキストのページ数が800ページを超えるものもあるわけで,さすがにこれをすべて自宅の印刷機で印刷するとなるとかなり手間がかかりそうです。

印刷代もタダとはいきませんから,いくらくらいかかるかが気になります。

ここではその場合の費用について考えてみましょう。

自宅で印刷した場合の費用とテキスト代

まずはAmazonで,印刷に必要なものの値段を調べてみることにしましょうか。

自分の印刷環境で考えますと,A4用紙が欲しいですが,500枚で555円です。

また,インク代が思いのほか高く,2,500枚印刷可能なトナーは6,800円しました。

電気代は微々たるものでしょうから無視するとして,これらの数字から1枚あたりの印刷代を計算しますと「約4円(3.83円)」で印刷できることになります。

つまり,先の例で示した800ページのテキストを片面印刷するのにかかる代金は「3,200円」と計算できるわけです。

ところで,スタディサプリでは製本されたテキストを購入することもできます。

公式サイトを見ると,セールがあったり,新規入会特典で無料クーポンを配布しているときもありますが,通常時におけるテキストの値段は1講座あたり1,200円か2,400円です。

テキストのページ数が少ない講座でしたら1,200円で済みますが,数百ページに及ぶような講座,例えば通年講座のようなものであれば2,400円になるのが普通でしょう。

より詳しく説明すると,1つの講座が前編と後編の2つに分かれている場合が多く,その場合,目次が2つあることからもわかりますが,テキストの冊数は1冊とはなりません。

結局,購入する際は1,200円のテキストが前編と後編の2冊に分かれるために,合計2,400円になるという説明になります。

例えば高1英語の通年講座で調べてみましょう。

以下はテキスト購入時のチェック欄になりますが,「高1ベーシックレベル英語」を筆頭に,ほとんどの英語講座は前編と後編に分かれていることがわかります↓↓

 

テキストを購入した方が安く済む場合

自明の事柄として,テキストのページ数が多くなればなるほど印刷代は高くつくことになるので,スタディサプリのテキストを購入した方が安く済む場合もあるでしょう。

単純に「1枚印刷するのに4円かかる」という前提で計算してみると,300ページを超えるテキストを印刷するには1,200円以上かかり,600ページ超えのテキストでは2,400円以上かかることになります。

テキストのページ数は講座によってまちまちですし,解答や空白のページは印刷対象から除外できるでしょう。

あくまで印刷すべきページ数を対象に,テキストの値段がそれより高くつくのか安く済むのか考えていただけたらと思います。

なお,単純にページ数だけでテキストの値段が高い・低いの判断をするのは不十分です。

印刷して冊子にした場合は,持ち運びやまとめておくのに便利ですし,印字や紙の質も自分で印刷したものより良くなることが多いでしょう。

さらには,テキストがあるおかげでやる気が高まることもありますし,印刷の手間もかかりません。

特に自分が本気で頑張る講座(大体は最初から最後の講義まで通しで見るような講座)であれば,こういった付加価値も加味してテキストを購入してしまった方が良い結果に繋がりやすいように感じます。

 

テキストキャンペーンについて

テキストのセール時の表記

最後にテキストが安く購入できるキャンペーンについてまとめておきましょう!

スタディサプリではテキストを15%割引で購入できることがあります。

事前にアナウンスがお知らせ欄やメールで公表されるときもあれば,しれっと始まっていて,終了が近くなると,「もうすぐ終わります」的な発表がある場合もありますが,とにかく不定期だということは覚えておきましょう。

頻度としては1ヶ月に1回ある時期もあります。

逆にテキストが売れに売れて在庫が少ないようなときは,キャンペーンは行われない傾向にありますが,これはまぁ当然でしょう。

昨年の様子から判断するに,春先や夏休み明けに品薄に見舞われることが特に多かったですね。

作戦として,キャンペーンが開始されていないときは必須のテキストだけをとりあえず揃えておき,キャンペーンが実施になったら欲しかったものをすべて買ってしまうということが1つ考えられます。

テキストの値段は税込みですと1,320円のものが1,122円になるわけですから1冊につき200円弱安く買えることになるので,これが10冊ともなれば大きな差となって表れてきそうですよね↓↓

テキストのセール価格

昔はキャンペーンコードの入力が必要でしたが,最近は普通にカートに入れると割引価格で計算されます。

上記画像にも「セール価格」という文字が確認できるでしょう。

 

まとめ

今回の内容を最後にまとめます。

スタディサプリのテキストについては,印刷で済ませるか,購入するかで悩むものですが,その際は以下の基準に従って購入するのがおすすめです↓↓

  • 自宅で印刷する場合,1枚あたり約4円がかかる
  • 通年講座のテキスト代は前編と後編で分かれると2,400円
  • キャンペーンが実施されると1冊当たり200円弱安くなる
  • テキストの損得を考える際,ページ数以外の要素も考慮すべき
  • 気に入った講座は購入するのがおすすめ

実際にテキストが到着した時の様子であったり,テキストの意義について詳しくまとめた記事もあります↓↓

最後までお読みいただきありがとうございました。

-スタディサプリ

© 2020 アプリでMARCH