スタディサプリ

スタディサプリのテキスト注文から到着まで

今回の記事では,スタディサプリにおいて実際どのような方法でテキストを注文し,どういった具合でテキストが届くのかについてレビューしていきたいと思います。

スタディサプリでテキストの購入を考えている方は参考にしてみて下さい。

テキストの注文方法

スタディサプリでテキストを注文する場合,学習者Webから申し込むことになります。

サポートWebの方にも「テキスト購入」のボタンがありますが,そこを押すと結局学習者Webに行くので同じことです。

その場合は,以下の2つ目にある「希望のテキスト冊子を選択する」の章から読み進めてください。

カートのアイコンをクリックする

スタディサプリの講座をやっていて「テキストを買いたい」と思ったらどうすればよいのかについて解説します。

スマホの場合ですが,まずはテキストが欲しい講座を開いてください。

Androidですと,その画面右上にあるメニューをタップすると「テキストを購入する」の文字が見つけられます↓↓

テキストを購入するページ

PCやiOSでアクセスした場合は,講座一覧から目的の講座を開くと,直接「テキストを購入」ボタンが見つけられるはずです↓↓

PCのテキスト購入画面

すぐにクリックして先に進みましょう!

なお,テキストの販売がそもそもない講座や,何らかの理由で販売を停止している場合,上の「購入ボタン」が表示されないのでご注意ください。

希望のテキスト冊子を選択する

次に「テキスト冊子購入」という画面が表示されてきます。

すでに目的の講座のテキストはカートの中に入っていますが,もし他に一緒に買うものがあれば,「学年を選び,教科を選び,具体的な講座を選ぶ」という手順を踏んで,目的のテキストをカートに追加してください。

ここで注意したいのは,講座によっては一つの講座が前編と後編に分かれている場合があるということです(むしろ,前後編に分かれている方が普通かもしれません)。

分冊になる場合,各講座横のカートマークの左側に「紫色のビックリマーク」が表示され,テキストは2冊分として計算されます。

例えば私は「スタンダードレベル日本史」のテキストを買うことにしましたが,以下のように前編と後編に分かれていました↓↓

カートの中身

なお,テキストがセールになっているときは値段が割引されていることを確認して下さい。

また,テキストクーポンはスタディサプリを継続利用していたり,新規入会時の特典としてもらえることがあります。

心当たりがない方は,今探してもすぐに見つかる類のものではないので,空欄のまま先に進みましょう。

注文情報を入力する

次に進むとテキストの送付先や支払情報といった注文情報を入力する画面が表示されるので,テキスト名が正しいことを確認してから入力してください。

支払い方法の保護者の同意のところは,例え保護者自身が申し込んでいても,チェックを入れる必要があります。

保護者の同意にチェックを入れる

「クレジットカードでのお支払い」を選択した場合は,続けてカード番号などを入力しますが,「この内容で申し込む」を押すと,もう返金や返品などできませんので,注文内容は慎重に確認してください。

申し込みが完了すると,保護者の登録メールアドレス宛てに確認メールが届きます。

 

テキスト到着の様子

私が注文したのが木曜の早朝で,到着したのが水曜日の午前でした。

つまり6日後には到着していたことになります。

営業日で言えば,間に3日休日を挟んだので3営業日での到着ですね。

スタディサプリのHPによると,テキストの到着まで7~10日かかるということでしたので,ほぼその記載通りです。

発送方法は,ゆうメールで送られてきました。

封筒の中には訂正や講習のお知らせの紙が数枚と,肝心のテキストが入っています↓↓

特に水濡れ対策などはなかったです。

ゆうメールですので基本はポストに投函されますが,配達員さんの判断でポストに入らなかったときは不在票をいれて持ち戻ったり,雨の日はビニールに入れてドアノブにかけたりしてくれるかもしれません。

また,今回は前編だけ購入したので1冊でしたが,購入した数によっては宅配便になることもあります。

表紙は型紙で,中は鮮明に印刷されています。

白色紙の厚みがやや足りず後ろのページが透けてしまっていますが,厚い紙を使うことで値段や重さが変わってくるのも考え物です。

この紙質でも特に問題だとは思いません。

特に印字の質は,自宅で印刷するのとは比べ物にならないレベルです↓↓

ちなみにテキスト内容については,無料でダウンロードしたものを家のコピー機で印刷したものと同一内容で,特におまけのページがあるようなことにはなりません。

 

まとめ

以上,テキストの買い方についてと,実際に到着したもののレビューでした。

テキストを実際に買うと,所有欲が満たされると同時にやる気の高まりを感じます

自宅でコピーしたもので勉強するのと比べて,ページがばらばらになっていないという点や,十分に大きな用紙に印刷がしてあるということが,学習を一通り終えたとき,いざそれまでの内容を振り返って反省してみるときに効いてくるのです。

「これだけ自分は勉強してきたのか。」

このように感じると,これまでの労力が報われる気がして,ますます勉強を頑張ろうという気になるでしょう。

印刷にまつわる手間が省けるというのも,学習効率を上げる点でかなり大きいです。

今回自分が頼んだ日本史ですと,1冊あたり300ページ近くありますからね。

自宅で印刷した場合は,かかるコストも結構なものになりますし,両面印刷だ,複数ページ印刷だなどと考えるだけでも,かなりのストレスで学習意欲の低下にもつながってしまいます

スタディサプリのテキストは余白をたっぷり取ってありますから,書き込みがたくさんできるという点で学習効率を十分に高めてくれるでしょう。

勉強における余白の重要性は,どんなに説いても強調しすぎることはありません。

そもそも,受験で合格することに比べれば,テキスト代の投資などささいなものです。

スタディサプリを使っていて,「ぜひこれは頑張ろう」と思える講座に出会えたら,テキストの方,ぜひ購入してみることをおすすめします。

テキストの必要性や,値段について詳しくは,以下の記事を参照してください↓↓

-スタディサプリ

© 2020 アプリでMARCH