アプリでMARCH

現役or未来のMARCH生におすすめの勉強法!

スタディサプリ

スタディサプリの追加費用について

スタディサプリは月額980円(税抜き)ですべての動画が無料で見放題のサービスですが,追加費用が発生する場合があります。

といっても,知らず知らずのうちに追加料金を支払うことになってしまったといったことはないので,ご安心ください。

さて,気になる追加費用の支払いですが,追加で料金がかかるのは以下の2つの場合です。

1.テキスト冊子を購入する場合

2.LIVE授業に参加する場合

まずはテキスト冊子を購入する場合から見ていきましょうか。

 

 

 

スタディサプリでテキスト冊子を購入する

スタディサプリで勉強する際に,PDF形式でダウンロードできるテキスト冊子がありますね。

そのテキストは,もちろんネット上で無料で観られますが,ダウンロードして紙で残しておくと,書き込みもできて便利です。

ただ,それには印刷機と用紙が必要で,特に用紙の枚数はかなりのページ数になるかもしれません。

例えば,高3スタンダードレベル英語〈文法編〉を見てみますと,テキストの量は全部で396ページあります。

印刷の設定を複数ページ・両面印刷にしたとしても約100枚の用紙が必要です。

私の印刷環境ですと,用紙代は大体 1枚1円(amazonで500枚555円),トナー代に関しては 1枚あたり 2円強(2600枚印刷できて5736円)ですから,大体300円くらいですか,必要です。

もちろん紙の質や印字のきれいさ,さらに印刷の手間など合わせると,テキストをスタディサプリのサイトで購入するのも十分にありな選択肢です。

その場合,テキスト代として1200円が1冊あたりかかるのですが,1講座あたり1冊のテキストとは限らないので注意です(ちなみに短期講座など,テキスト販売がない講座もあります)!!

 

例えば,先の高3英語の文法講座の場合でテキストを試しに買ってみましょう。

① まず,スタディサプリのトップページから,『テキスト・問題集 購入』をクリックします(緑色のボタンです)。なお,マイ講座に登録しておかないとテキストが表示されません。

 

② 次に自分の欲しい講座のテキストにチェックを入れるのですが,以下の画像を見るとお分かりかと思いますが,講座の前半部と後半部でテキストが2冊に分かれてしまっています↓

 

③ 片方だけ買うなんてことはしませんから,両方にチェックを入れて次に進み,パスワードを入力します↓

 

④ するとテキスト送付先と支払い方法を選択するページでは,やはり2冊分の値段が表記されています↓

といったわけで,1講座あたり2400円(税・送料込)がかかることになる場合もありますので,値段の確認や,講座が分割されてテキストが分冊になっていないかには,ご注意ください。

せっかくテキストを買うのですから,昔の代ゼミみたいに,講師のサインとか入れて送ってくれたら子供は喜ぶのになぁと思ったりもしました。

 

 

スタディサプリで LIVE 授業に参加するときの費用

スタディサプリの動画は基本的に,あらかじめ録画したものを配信しているのですが,ほぼ同じ範囲を扱った講座が,オンラインで生放送授業として定期的に開講されていたりします!

そのサイトの名称は 『スタディサプリ LIVE』というサービスになりますが,これについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください↓

スタディサプリ特別講習とベーシックコースの違い

今回はスタディサプリの『特別講習』 と月額980円の『大学受験講座(以下ベーシックコースと記します)』の2つのサービスに,いったいどのような違いがあるのか詳しくみていきたいと思います。 大学受験に向け ...

なお,この LIVE 授業の料金については,前期課程料金と後期課程料金に加え講習期間の料金が別々にかかります。

予備校の授業をオンラインで生配信するという認識で構いません。

前期課程の料金は,4~7月の3ヶ月に3~12回程度開講されますが,1コースあたり9800円(税抜き)がかかり,最大29800円(税抜き)で高3の全コース5教科19コースが見放題になります。

1教科あたり1年間連続で受講すると,前期と後期の料金が1万円,夏期講習や冬期講習でも同じくらいかかるでしょうから通年4万円以上はかかることになりますね。

もちろん,映像授業を予備校で取ると,それ以上にかかりますし,見放題サービスのような受け方はあまり聞かないサービスのため,多くの科目を学ぶ方は,お得に受講できるかと思います。

 

このサービスの内容を簡単に紹介しますと,スタディサプリの講義を視聴したのを前提に,LIVE 授業ではさらなる講義をするわけですから,完全に内容としては新規で,既存の動画(アーカイブ動画と呼んで区別しています)と同じものではないようです。

テキストも後期のテキストは新規制作で入試演習であることも。

さらに,生放送であることを活かして,チャットで講師に質問ができるのは魅力の1つです。

なお,先に書いたように,講師によって授業回数が3回であったり(高3スタンダード&ハイレベル英語など),12回だったり(高3スタンダードレベル古文など)とかなり異なります。

そういったわけで1講座ずつ支払う場合,1回あたりの受講料は変わりますので,少し損した気持ちにならないよう,見放題プランにする方には特におすすめです。

 

 

スタディサプリの追加料金の支払い方法について

上の1・2共に,支払い方法はクレジットカード決済・コンビニ決済が選べます。

さらに2のLIVE授業においては,キャリア決済も選べるようになりますね。

 

以上,スタディサプリの追加料金についてでした。今日の内容をまとめると,

追加料金は,テキスト代の購入とLIVE授業の受講する際にかかり,

テキスト代は1講座あたり1200~2400円がかかり,

LIVE授業の場合は1年で4万円(1講座)~12万円(5科目見放題)程度かかる

ということになりました。

細かく記事の更新の方,していく次第ですが,料金の詳細につきましては,実際の画面で最終的に表示されるものをしっかり確認するようにして下さい。

 

-スタディサプリ

Copyright© アプリでMARCH , 2019 All Rights Reserved.